1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称いずもじんじゃつるまんりょうじせいち
出雲神社ツルマンリョウ自生地
指定国指定
市町山口市区分記念物時代
一般向け
説明
  ツルマンリョウはヤブコウジ科の常緑小低木。出雲神社は山口市徳地堀の西南方約 2.5kmにある。周防二の宮ともいわれる古社で、周りの森はコジイを主とするうっそうとした森林をなしている。林内にはイチイガシの大木のほか、タカサゴキジノオ、ナガバジュズネノキ、ルリミノキなど珍しい植物がある。社殿の西の小高い丘の北側の急斜面に数か所ツルマンリョウ(ツルアカミノキ)の小群落がある。
 ツルマンリョウの枝は地をはって伸び、枝の先端は60~80cmの高さに直立する。雌株と雄株の別があり、七月上旬に開花し、翌年五月から子房がふくらみはじめ、九月に紅色に熟す。自生地の環境条件は、適度の日照と花こう岩系の土壌に限られているようである。
 南方系の植物で、九州の屋久島や台湾には産するが、本土では珍しく、この地のほかに奈良県と宇部市に自生している。本地は自生の北限として貴重である。
小学生向け
説明
  ツルマンリョウは常緑小低木(一年を通して緑の葉をつけている背の低い木)です。出雲神社は山口市徳地にある古い神社で、神社のまわりの森はうっそうとしげっています。ツルマンリョウは小高い丘の北がわに生育しています。ツルマンリョウの枝は地をはってのび、枝の先は直立して高さ60~80cmになります。雌株(めかぶ)と雄株(おかぶ)とあり、七月に花が咲き、次の年に実をつけ、九月に紅色に熟します。暖かいところに生育する植物で、九州の屋久島(やくしま)や台湾(たいわん)には生育していますが、本土ではめずらしく、この地のほかに奈良県と宇部市に自生しているだけです。
画像<出雲神社ツルマンリョウ自生地>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
出雲神社ツルマンリョウ自生地(QRコード)
映像

ページトップへ