1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称こやがわ・おとずれがわげんじぼたるはっせいち
木屋川・音信川ゲンジボタル発生地
指定国指定
市町長門市区分記念物時代
一般向け
説明
  木屋川のゲンジボタルは、昔から「豊田ホタル」と呼ばれて親しまれていた。また、音信川のゲンジボタルは、温泉郷湯本で清流のせせらぎと飛び交うホタルとして有名で、支流の大寧寺(たいねいじ)川で華麗なほたる合戦が見られるほどであった。しかし、観光客が捕ったり、営業用に乱獲されたりして減少してきたので、天然記念物に指定して保護している。
  木屋川のゲンジボタルも音信川のゲンジボタルも同種であるが、音信川流域は日本海岸に面しているので、発生期が木屋川よりも少し遅れる。最盛期は木屋川が六月十日ごろであり、音信川は六月二十日ごろである。
   ゲンジボタルはわが国では最大のホタルで、体長は12~18mm、黒色でさらに黒色の毛でおおわれる。幼虫は清流に住み、カワニナなどを食する。指定区域は下関市豊田町、長門市にわたり非常に広い。地区内の小中学校でホタルの飼育・増殖の研究に取り組んでいる。
小学生向け
説明
  木屋川のゲンジボタルは、むかしから「豊田ホタル」と呼ばれて親しまれています。音信川のゲンジボタルは、湯本温泉の清流のせせらぎに飛びかうホタルとして有名です。木屋川のゲンジボタルも音信川のゲンジボタルも同じ種類ですが、ホタルのもっとも多い時期は、木屋川が6月10日ごろであり、音信川は6月20日ごろと少しおくれます。
 ゲンジボタルはわが国ではもっとも大きなホタルで、体長は12~18mm、黒色で、さらに黒色の毛でおおわれています。幼虫は清流に住み、カワニナなどを食べます。
画像<木屋川・音信川ゲンジボタル発生地>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
木屋川・音信川ゲンジボタル発生地(QRコード)
映像

ページトップへ