1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称りゅうぞうじのいちょう
龍蔵寺のイチョウ
指定国指定
市町山口市区分記念物時代
一般向け
説明
 龍蔵寺は山口市吉敷、維新百年記念公園の西北西約3kmの山中にある。イチョウは観音堂前にそびえ立っており、根元の周囲9.7m、目の高さの幹周り6.7m、高さ約50mで、推定樹齢は850年といわれている。地上6mのところから枝を出し、四方に約20mずつ枝を張っている。幹の内部は空洞になっているが、樹勢に衰えは見られない。このイチョウは雌株で、毎年たくさんの種子をつける。主幹に接して目の高さの幹周り約1.2m、高さ10m以上のひこばえがある。
 イチョウは中国原産の落葉高木で、本州に広く分布している。古樹・巨木が多く、全国で25件以上が国の天然記念物に指定されているが、高さが40mを越えるものは少ない。  1987年(昭和62)8月の台風で大枝が折れたため、昭和63年度に折れるおそれのある枝を除いた。そのため木の高さはやや低くなったが、それでも高さは全国一といわれている。
小学生向け
説明
 龍蔵寺は山口市にあります。イチョウはこの寺の観音堂(かんのんどう)のまえにそびえ立っています。根元の周囲9.7m、高さ約50mで、高さは全国一といわれています。樹齢(じゅれい=木の年令)は850年といわれ、幹の一部は空洞になっていますが、四方に枝を出し、木は生き生きとしています。このイチョウは雌株(めかぶ)で、毎年たくさんの種子をつけます。イチョウは中国を原産地とする落葉高木(冬には葉を落とす背の高い木)で、本州に広く分布しています。
画像<龍蔵寺のイチョウ>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
龍蔵寺のイチョウ(QRコード)
映像

ページトップへ