1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称にいのはまのはまおもとぐんらく
二位の浜ハマオモト群落
指定県指定
市町長門市区分記念物時代
一般向け
説明
  ハマオモトはヒガンバナ科に属する大形の常緑多年生草本。浜木綿(ハマユウ)の和名で知られ、旧日置町では町花に指定されていた。群落のある二位の浜は、JR山陰線古市駅から陸路5km。日本海に面し、暖かい対馬海流の影響を受ける長さ約400mの小さな砂浜である。砂質海岸の水際に近い部分は、ハマゴウ、コウボウムギ、ハマグルマなどの群落がある。ハマオモトは、浜の西側、長さ約150m、幅10~40mの範囲に、他の草本と混在して群生している。ここでは草丈1m以上に及び、夏に、独特な香りの白い花が砂浜一面に咲き乱れて壮観である。種子は径2~3cmと非常に大きく、長期間乾燥しても発芽する。
 原産は熱帯アフリカの砂地であるというが、関東以西の海岸の砂地に生育している。分布の限界は、年平均気温15℃、年最低温度-3.5℃といわれている。山口県では響灘沿岸の各地に分布しており、この二位の浜が日本海側の北限である。
 
小学生向け
説明
  ハマオモトはヒガンバナの仲間、大形の常緑(一年中緑の葉をつける)多年生の草木です。いっぱんにハマユウの名で知られています。二位の浜は、日本海に面した長さ約400mの小さな砂浜です。ハマオモトは、浜の西がわの長さ約150m、はば10~40mのはんいに、ほかの草木とまじって群生しています。ここでは葉の長さは1m以上におよび、夏に、独特な香りの美しい白い花が砂浜いっぱいに咲きます。種子は径2~3cmとたいへん大きく、長いあいだかんそうしても芽をだすことができます。山口県では響灘(ひびきなだ)沿岸の各地に生育しており、この二位の浜が日本海がわで自生する、もっとも北の地です。
画像<二位の浜ハマオモト群落>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
二位の浜ハマオモト群落(QRコード)
映像

ページトップへ