1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称だいかくじのびゃくしんきょじゅ
大覚寺のビャクシン巨樹
指定県指定
市町阿武町区分記念物時代
一般向け
説明
 ビャクシンはヒノキ科、イブキの変種で長い針状の葉をつけるもので、方言ではビャクダンという。大覚寺は阿武町奈古駅の北東方約500mにある古い寺である。ビャクシン巨木は、寺の参道両側に一本ずつある。本堂に向かって右側の方が大きく、根元の周囲5.25m、地上で直ちに三つに分かれ、周囲はそれぞれ1.6m、2.6m、2.3mで、中央のものが最も大きい。高さは15m、枝張り12mに及び、樹勢は旺盛である。
 左側は根元の周囲5.2m、胸の高さの幹周り3.2m、地上1.7mで二つに分かれ、枝の周囲はそれぞれ2.1m、1.75m、高さ17m、枝張り7.5mに及んでいる。樹勢はやや弱る。
 この寺は、元は光応寺(こうおうじ)と呼んでいたのを、1611年(慶長15)に大覚寺と改め、境内も整備したという。西方約2kmの海岸付近にビャクシン自生地があり、このころ、自生地から採取して、植えたものと思われる。
小学生向け
説明
 ビャクシンはヒノキの仲間です。長い針のような葉をつける木で、方言ではビャクダンといいます。大覚寺は阿武町にある古い寺で、ビャクシン巨木は、寺への参道の両がわに一本ずつあります。本堂にむかって右がわの木は根元の周囲が5.25m、左がわの木は根元の周囲が5.2mあります。
 この寺は、江戸時代のはじめごろに大覚寺と名前をかえ、けいだいを整備したとき、2kmはなれた海岸付近のビャクシン自生地からとってきて、植えたものとおもわれます。
画像<大覚寺のビャクシン巨樹>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ