1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称いわくにしふたしかのしゃくなげぐんせいち
岩国市二鹿のシャクナゲ群生地
指定県指定
市町岩国市区分記念物時代
一般向け
説明
 このシャクナゲはホンシャクナゲで、ツツジ科の常緑低木。この群生地は当初ツクシシャクナゲの名称で指定されていたが、平成5年に現在の名称に変更された。
 岩国市西部、北河内駅南方約3kmの二鹿、標高約300mのアカマツのまばらな林の中。2000株以上のシャクナゲが群生し、特に北西の急斜面(傾斜約40度)のものが生育がよい。幹が直立するものは少なく、根元から十数本の枝に分かれる。高さは約2mであるが、5mを越えるものもある。五月上旬に開花し、花の径4~5cm、広いろうと状で、先が七つに分かれている。色はうす紅色と白色のニ種類がある。近年台風でマツが倒れたり、枯れたりして、日光の当たり方が変わるなど、シャクナゲの生育に影響を与え、生育の様子が変化してきている。
 シャクナゲは、本州中南部、中国、四国、九州の低山地に分布する。樹皮は褐色。葉は枝先に車輪状に互生し、葉柄は太い。形は長楕円形で、表面は濃緑色で革のように滑らかである。
小学生向け
説明
 ツクシシャクナゲは、ツツジの仲間の常緑低木(一年をとおして緑の葉をつける背の低い木)です。群生地は、標高約300mのアカマツのまばらな林の中で、2000株以上のツクシシャクナゲが群生しています。根元から十数本の枝に分かれ、高さは約2mですが、なかには5mをこえるものもあります。五月に開花し、花の直径は4~5cm、先が七つに分かれています。色はうす紅色と白色の2種類があります。さいきんマツがかれたり、台風でたおれたりして、日光のあたり方が変わり、シャクナゲの生育の様子が変化してきています。
画像<岩国市二鹿のシャクナゲ群生地>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
岩国市二鹿のシャクナゲ群生地(QRコード)
映像

ページトップへ