1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-天然記念物編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ひみつおのひみじんじゃしゃそう
秘密尾の氷見神社社叢
指定県指定
市町周南市区分記念物時代
一般向け
説明
 氷見神社は、旧鹿野町東部の秘密尾にあり、標高1000m級の中国山地に抱かれている。神社の森(社叢)は、標高515mから山地の斜面に沿って上方に長く伸びていている。
 本殿のある一帯は、標高510~520m、シイノキを主体とする群落で、クロガネモチ、ヤブニッケイ、シラカシ等を混生する。これより奥の標高600~700mの地には、ウラジロガシ、ハイノキを主とする群落があり、地表にはヤブコウジやミヤマトベラなどが見られる。標高800~900mの地には、ブナ、ミズナラを主とする群落があらわれ、地表にはチマキザサが生育する。さらに高いところでは、植生がまばらとなり、アカマツ林が見られ、コバノミツバツツジが混生している。
 このように、植物の垂直分布(標高が高くなるにしたがって生育する植物の種類が変化すること)がひとつの場所で観察でき、しかも自然の状態がよく保存されているところはめずらしく、学術的にも非常に貴重である。
小学生向け
説明
 氷見神社は、旧鹿野町の秘密尾にあり、中国山地にいだかれています。神社の森は、神社の建物があるところから山に沿って上に長く続いています。神社のある一帯はシイノキを主とする林があり、もうすこし高いところではウラジロガシ、ハイノキを、さらに高いところではブナ、ミズナラを主とします。さらにその上では植生がまばらとなり、アカマツ林となります。このように、人の手が入っていない自然林では、標高が高くなるにつれて植物の種類が変わります。その様子を一カ所で観察できる所は大変めずらしく、貴重です。
画像<秘密尾の氷見神社社叢>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
秘密尾の氷見神社社叢(QRコード)
映像

ページトップへ