1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称けんぽんちゃくしょくさいてんとうどにじゅうはちそぞう
絹本着色西天東土二十八祖像
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代室町時代
一般向け
説明
 山口市水の上町の洞春寺所蔵である。
 掛幅装で寸法は縦132cm、横60cm。
 西天とは印度、東土とは中国のことで、達磨大師が禅宗を中国に伝える以前すでに釈迦、迦葉以下28祖を重ねたと伝えられる。そして達磨が中国に渡り、慧可以下禅宗祖師が法を嗣いでいる。この絵は達磨を中心にそれ以前の印度の祖師28祖、中国の祖師28祖を描いたものである。やや粗目の絹に濃い彩色で描かれている。室町時代初期から中期頃、15世紀の制作である。
 日本にはこれを横に描いたもの、また1人ずつ描いたものはあるが、1幅に縦に描いたものは他に例がなく非常にめずらしい。洞春寺は毛利元就の菩提寺であるが、毛利家第一の大寺として、多くの寺宝が伝わっている。
小学生向け
説明
 山口市の洞春寺(とうしゅんじ)にあります。寸法は、たて132cm、横60cmです。
 西天とはインドのこと、東土とは中国のことで、この絵は達磨(だるま)を中心に、達磨以前のインドの祖師(そし)28祖、中国の祖師28祖を描いたものです。
 室町時代の1400年代につくられました。
 おなじ題材の絵は多くありますが、たてに描いたものは他に例がなく、非常にめずらしいものです。
画像<絹本着色西天東土二十八祖像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ