1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称けんぽんちゃくしょくとうがくずいけんおしょうぞう
絹本着色桃岳瑞見和尚像
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代室町時代
一般向け
説明
 山口市香山町瑠璃光寺の所蔵である。掛幅装で、寸法は縦82.5cm、横35.8cm。
 瑠璃光寺の三世桃岳瑞見の頂相(ちんぞう)で、椅子に坐し、袈裟(けさ)をつけ、右手に払子を持つ。濃い彩式で室町中後期の肖像画の様式がよくあらわれている。上方に桃岳瑞見の自賛があり、永正2年(1505)の年号がある。それでこの画像は桃岳の在任中に描かれたものと知れる。絹には一部剥落もあるが、全体の画像、賛はほぼ完全に残っている。
 桃岳瑞見は1494年(明応3)に瑠璃光寺に入り、1508年に隠居、1518年(永正15)に没した。
 瑠璃光寺には、本像より外に、開山大庵、二世全岩の肖像画がある。この作成年代は、賛の年号により、二世、三世、開山の順に描かれたとわかる。
小学生向け
説明
 山口県立山口博物館に寄託されています。
 寸法は、たて83cm、横36cmです。
 瑠璃光寺の三世桃岳瑞見(とうがくずいけん)の肖像です。永正2年(1505)の年号がありますから、この画像は桃岳の在任中に描かれたものと知られます。
 桃岳瑞見は1494年に瑠璃光寺に入り、1508年に隠居、1518年に没しました。
 瑠璃光寺には、本像のほかに、開山大庵、二世全岩の肖像画があり、二世、三世、開山の順に描かれました。
画像<絹本着色桃岳瑞見和尚像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ