1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称けんぽんちゃくしょくあまごはるひさぞう
絹本着色尼子晴久像
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代室町時代
一般向け
説明
 山口県立山口博物館所蔵である。
 掛幅装で、寸法は縦76.5cm、横40.5cm。
 尼子晴久が大紋を着用し、右手に扇子を持ち、小刀をたばさみ、左側に太刀をたて掛けている。淡緑色の大紋は、たちおもだかの紋を右左に2個宛描いてある。顔は淡褐色に彩色し、口ひげ、あごひげを生やし、烏帽子はかぶっていない。描線は全般に力強く描かれており、制作年代は戦国末期、16世紀末頃と思われる。
 晴久は1514年(永正11)に政久の子として生まれた。経久の孫である。経久の死後家督を継いだ。1542年、富田城に迫った大内・毛利の連合軍を破り大いに武威を示した。1552年修理大夫に任ぜられ、山陰、山陽8ヶ国の守護となった。没年については諸説があるが、1560年(永禄3)とするものが多い。 
小学生向け
説明
 山口県立山口博物館にあります。
 寸法はたて77cm、横41cmです。
 つくられたのは戦国時代末、1500年代の終わりごろと考えられています。
 尼子晴久(あまごはるひさ)は1514年に、政久(まさひさ)の子、経久(つねひさ)の孫として生まれました。経久が亡くなったのち家督をつぎ、1542年には大内・毛利の連合軍との戦いに勝ち、おおいに武威をしめし、山陰、山陽8ヶ国の守護となりました。亡くなった年についてはよくわかっていませんが、1560年とおもわれます。
画像<絹本着色尼子晴久像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
絹本着色尼子晴久像(QRコード)
映像

ページトップへ