1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しきりょこうほんぎだいきゅう
史記呂后本紀第九
指定国指定
市町防府市区分国宝時代平安時代
一般向け
説明
 史記は中国における正史の初めをなすものである。本書は、1073年、大江家国によって筆写されたもので後に大江家行、時通が加筆している。家国は大江朝綱の四代目に当たるから、本書は文章博士・大江家家本として残るもので、大江家学問の様子がうかがえて貴重である。また、史記の古い写本や注の様子をよく保存している。
小学生向け
説明
 「史記」は、今から約2000年前の中国古代の歴史書です。
本書は1073年(平安時代中ごろ)大江家国によって書き写されたもので、史記の古い写本のようすをよく残しています。毛利家先祖とかかわりのある学者の家柄・大江家の本として伝えられたものです。
 この資料は、毛利博物館(防府市)にあります。
画像<史記呂后本紀第九>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
史記呂后本紀第九(QRコード)
映像

ページトップへ