1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しほんぼくしょとようらのみやほうらくわか
紙本墨書豊浦宮法楽和歌
指定国指定
市町下関市区分重要文化財時代南北朝時代
一般向け
説明
 長門国の二宮(にのみや)である忌宮神社は、仲哀天皇・神功皇后・応神天皇を祭神とし、古くから武神としてあがめられ、南北朝時代には足利氏一族の信仰を得た。本書はその信仰を物語る奉納された和歌4通で、祭神の護りをたたえている。内容はつぎの通り。
   足利尊氏         自筆和歌 2首 1337年
   足利直義(尊氏の弟)  奉納和歌 2首 1334年
   足利高経(尊氏の一族)奉納和歌 2首 1334年
   足利直冬(尊氏の養子)奉納和歌 2首 1351年
小学生向け
説明
 忌宮神社は長門国の二宮(にのみや)とされ、仲哀天皇・神功皇后・応神天皇を祭神とし、古くから武神としてあがめられた神社です。南北朝時代には足利氏一族の信仰を受けました。この書は、その信仰のあかしとして、差し出された和歌4通で、1巻になっています。差し出した人は、足利尊氏ほか三人です。
画像<紙本墨書豊浦宮法楽和歌>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
紙本墨書豊浦宮法楽和歌(QRコード)
映像

ページトップへ