1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しほんぼくしょすおうのくにあみだじでんばたちゅうもん
紙本墨書周防国阿弥陀寺寺田畠注文
指定国指定
市町防府市区分重要文化財時代鎌倉時代
一般向け
説明
 周防国阿弥陀寺は、1187年(文治3)俊乗房重源により、後白河法王の祈願所として建てられた。1200年(正治2)には寺の領地として田畠26ヘクタールが定められた。
 本書はその時の寺の領地の記録で、俊乗房重源の印判や多々良(大内)弘盛など周防国府の役人(出勤した45名)の署名、花押(判)がある。
 本書は周防国府の役人であった家に伝わるもので、本書と同じものが阿弥陀寺(重要文化財)にもある。
小学生向け
説明
 防府市の阿弥陀寺は、鎌倉時代の初めごろに俊乗房重源(東大寺再建の責任者)によって建てられました。1200年には寺の領地として、田畠26ヘクタールがみとめられました。
 本書は、その時の寺の領地の記録で、俊乗房重源の印判や多々良弘盛(室町時代に勢力があった大内氏の先祖)など周防国府(こくふ)の役人(45名)のサインがあります。
画像

ページトップへ