1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しほんぼくしょさいじほけきょうはっかん
紙本墨書細字法華経八巻
指定国指定
市町岩国市区分重要文化財時代平安時代
一般向け
説明
 所在地  吉川史料館(岩国市)
 時 代  平安時代     

 本書は唐代の細字経の写本で、作者は弘法大師と伝えられているが確証はなく、平安時代初期の名家の筆になるものであろう。
 本書は、もと仁和寺の寺宝であったものが吉川元長に譲られたもので、譲渡の添状がある。吉川元長は元春の子で、文学、仏典に通じていた。
小学生向け
説明
 この書は中国唐の時代の細字のお経の写本で、作者は平安時代初期の書の達人の筆になるものとおもわれます。
 この書は、もとは京都・仁和寺の寺の宝であったものを、吉川元長にゆずられたもので、その際のゆずり渡し状もついてます。吉川元長は元春の子で、文学や仏教に対する知識も豊富な人物でした。
画像<紙本墨書細字法華経八巻>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ