1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称げんこうしゃくしょ きっかわつねもとひつ
元亨釈書 吉川経基筆
指定国指定
市町岩国市区分重要文化財時代室町時代
一般向け
説明
 所在地  吉川史料館(岩国市)               
 作 者  吉川経基筆                   
 時 代  室町時代        

 元亨釈書は東福寺の僧虎関師錬(こかんしれん)の著書で、鎌倉時代末期の1322年(元享2)の著作。内容は日本に仏教が伝わってから鎌倉時代末期までの仏教の歴史や高僧の功績を記録したものである。
 本書は、吉川経基が書き写し安芸国山県郡大朝新庄にあった菩提寺洞泉寺(現在は岩国市所在)に寄進したものである。経基は文武兼備の武将で和歌にも優れ、後柏原天皇の勅命により古今和歌集を書写献上した達筆家でも知られる。本書もその事を示す貴重な資料である。
小学生向け
説明
 元亨釈書は、東福寺の僧虎関師錬(こかんしれん)の著書で、鎌倉時代末期の1322年に書かれました。日本に仏教が伝わってから鎌倉時代末期までの仏教の歴史や高僧の功績を記録したものです。
 本書は吉川経基が書き写し、安芸国山県郡大朝新庄(現広島県大朝町)にあった菩提寺洞泉寺(現在は岩国市所在)に寄進したものです。
 経基は文化と軍事の両面をかねそなえた武将で、和歌にも優れ、後柏原天皇の命令により古今和歌集を書き写し差し出した書家としても知られています。この書もその事を示す貴重な資料で、室町時代に書かれました。
画像<元亨釈書 吉川経基筆>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
元亨釈書 吉川経基筆(QRコード)
映像

ページトップへ