1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称せっぽうとうざんくうおしょうがいしゅう(しっぺいすかいしゅたくぼん)
雪峯東山空和尚外集(石屏子介手沢本)
指定国指定
市町萩市区分重要文化財時代鎌倉時代
一般向け
説明
 本書は、中国・南宋の僧である雪峯慧空の語録を収録したものである。著者は明らかではないが、書風や材料の紙から元の頃の書写と考えられる。
 石屏子介(しっぺいすかい、又はしっぺいしかい)は大内義弘の菩提寺香積寺を開いた僧である。本書に彼の印が押されているところから、彼が元に留学中に求めたものとおもわれる。
 この題名の本は、日本では南北朝時代の1347年(貞和3)に発刊されているが、本書は伝来が明らかな中国・元時代の書写本として貴重なものである。
小学生向け
説明
 この書は、中国南宋の僧である雪峯慧空(せっぽうけいくう)のことばを記録したものです。著者は明かではありませんが、書の書き方や材料の紙から元の頃の書き写しと考えられます。
 石屏子介は中国元に渡ったときがあり、本書に彼の印が押されているところから、彼が元に留学中に求めたものでしょう。この題名の本は、日本では南北朝時代の1347年に発刊されていますが、本書は、本書は伝来が明らかな中国・元時代の書写本として貴重なものです。
画像

ページトップへ