1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称さんそしごう
三祖師号
指定県指定
市町萩市区分有形文化財時代江戸時代
一般向け
説明
 中国の禅宗の初祖達磨大師以下三人の祖師の名前を書いた三幅対である。 
 筆者の隠元隆琦・木庵性とう・即非如一は黄檗宗能書(書の達人)の三筆として知られ、当時三人を併せて「隠木即」と呼んだ。
 その三名人の遺墨が三幅対で伝わっていることは貴重であり、日本の書道史上に一つの転機をもたらした黄檗宗流の代表的な書法を見るべき遺品である。
小学生向け
説明
 中国で禅宗を開いた達磨(だるま)大師以下の三人の僧の名前を書いた三枚の掛軸です。書いた人たち三人は黄檗宗(おうばくしゅう)の書の達人として知られています。その三名人の墨書が三枚のかけじくとなって伝わっている点が貴重です。
画像<三祖師号>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ