1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 四大歴史ストーリー>
  4. 大内氏/内容>
  5. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称しっぺいすかいぜんじぼくせき
石屏子介禅師墨蹟
指定県指定
市町萩市区分有形文化財時代室町時代
一般向け
説明
 石屏子介(しっぺいすかい又はしっぺいしかい)は、1318年(文保2)に来日した中国・宋の僧で、1342年ころ中国・元に渡り1356年(延文1)に帰国した。彼には大内弘世・義弘らが帰依しており、山口に香積寺を開き、また萩の竜蔵寺を臨済宗に改めて盛んにするなど、大内氏の禅学の基礎を築いて1381年(永徳1)に没した。石屏子介が元から持ち帰った「雪峯東山空和尚外集」(竜蔵寺)は国の重要文化財に指定されている。
 本書は彼の没する3年前の筆跡で、枯れた中にも雄大さが感じられる晩年の境地を示している。
 石屏子介禅師の木像は山口・洞春寺に所蔵されている。
小学生向け
説明
 石屏子介は、1318年(文保2)に来日した中国・宋の僧で、1342年ころ中国・元に渡り1356年(延文1)に帰国しました。石屏子介には大内弘世・義弘らが帰依しました。彼は山口に香積寺を開いたり、萩の竜蔵寺を臨済宗に改めて盛んにするなど、大内氏にかかわる禅宗の学問の基礎をきずき、1381年になくなりました。
 この書は、彼のなくなる3年前の筆跡です。
画像<石屏子介禅師墨蹟>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
石屏子介禅師墨蹟(QRコード)
映像

ページトップへ