1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ありみつけもんじょ
有光家文書
指定国指定
市町山口市区分重要文化財時代
一般向け
説明
  有光家は、13世紀の鎌倉時代初期から17世紀の江戸時代前期まで、正吉郷の八幡宮(現在の下関市永田郷の永田神社)の神職をつとめた家柄である。
  「有光家文書」は、有光家に伝わった124点の文書で、有光家が八幡宮の神職をつとめた時代の正吉郷及びその周辺地域内の歴史を物語っており、この地方の中世の歴史動向を知るうえで貴重なものである。
  「正吉郷入江塩浜絵図」は、鎌倉末期の入江干潟の塩浜などが描かれる。
小学生向け
説明
 有光家は、13世紀から17世紀まで現在の下関市永田郷の永田神社の神職をつとめた家です。「有光家文書」は、有光家につたわった、周辺地域の歴史をよくものがたる121通の文書と、鎌倉時代末期に製作されたとおもわれる正吉郷を描いた絵図1通がふくまれています。周辺地域の歴史をものがたるこれらは、山口県文書館で保管されています。
画像<有光家文書>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
有光家文書(QRコード)
映像

ページトップへ