1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称やましろしらはかぐら
山代白羽神楽
指定県指定
市町岩国市区分民俗文化財時代
一般向け
説明
 9月17日の人丸祭宵祭、11月2日の白羽神社秋祭夜殿祭、12月13日の天神祭宵祭に、白羽神社舞殿で舞われる神楽。
 いつ頃から始まり、どこから伝えられたかは不明であるが、江戸時代に、相次ぐ飢饉や疫病の流行に悩まされた農民が、五穀豊穣と悪疫退散の祈願をこめた神事として始めたという伝説がある。当初は、12座で構成された神事舞いであったが、1839年(天保10)の白羽神社社殿改築落成興業に招いた芸州佐伯郡明石村(現在の広島県)の神楽から鑑賞的な神楽を取り入れることになり、当時の若者が伝習を受けて、12座の神楽を24座に改めたという言い伝えがある。
 また、神楽を奉仕する者は、地区の若者で、若連中に入った者は、必ず、神楽の伝習を受けて奉仕しなければならないきまりがあった。明治になってからは、これが、長男とされ、現在も、この考えは残されている。昭和初期までは、「二ツ野舞子中」と称していたが、その後、「二ツ野神楽団」と改め、1962年(昭和37)に、「白羽神楽団」となっている。
小学生向け
説明
 9月17日の人丸祭宵祭、11月2日の白羽神社秋祭夜殿祭、12月13日の天神祭宵祭に、白羽神社舞殿で舞われる神楽です。
 江戸時代に、相次ぐ飢饉や疫病の流行に悩まされた農民が、穀物の豊かな実りと悪疫が逃げ去るように願いをこめた神事として始めたと言い伝えられ、初めは、12座の神事舞いでした。1839年(天保10)、白羽神社が建て替えられた時、芸州佐伯郡明石村(今の広島県)の神楽を取り入れて、24座の神楽に改めたと言われています。
画像<山代白羽神楽>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ