1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称たまのおやじんじゃのうらてしんじ
玉祖神社の占手神事
指定国選択指定
市町防府市区分記録作成等の措置を講ずべき無形民俗文化財時代
一般向け
説明
 昔は、陰暦8月15日であったが、明治以後は、太陽暦の採用により、周防一の宮・玉祖神社例祭前夜の9月24日に行われるようになった神事。近年は、それに近い土曜日に、神社境内の神門前の石畳の上で行われている。社伝によれば、仲哀天皇が熊襲征伐に行かれる途中に、玉祖神社を参拝して祈願され、戦の吉凶を占われたのが始まりと言われている。真夜中に行われていたので、「夜の神事」と呼ばれ、また、その神事が、相撲の形によく似ていることから、「占手相撲」とも呼ばれている。この神事に伴って、仲哀天皇が陶工・沢田の長に命じて、近くにある高田の粘土で、3本足の土鼎(土鍋)と大皿を作らせ、白と黒の御食を炊いて神前にお供えしたという伝説もあり、そのとき作られた土器が、「佐野焼」の始まりであると言われている。土鼎で炊かれたものが神前に供えられ、古い慣習に従って続けられている神事は、民俗文化財として、大変価値の高いものである。
小学生向け
説明
 昔は、陰暦8月15日でしたが、明治以後、太陽暦の採用により、周防一の宮・玉祖神社例祭前夜の9月24日に行われるようになった神事です。近ごろは、それに近い土曜日に、神社境内の神門前の石畳の上で行われています。社伝によると、仲哀天皇が熊襲征伐に行かれる途中、玉祖神社を参拝して戦勝を祈り、戦いの吉凶を占われたのが始まりと言われています。真夜中に行われていましたので、「夜の神事」と呼ばれ、その神事が、相撲の形によく似ていることから、「占手相撲」とも呼ばれています。佐野焼の土鼎(土鍋)で炊かれた白と黒の御食が神前に供えられ、古い習わしに従って行われています。
画像<玉祖神社の占手神事>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ