1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうせんじゅかんのんりゅうぞう
木造千手観音立像
指定国指定
市町萩市区分重要文化財時代平安時代
一般向け
説明
 萩市南明寺(なんみょうじ)に安置されている。ヒノキ材の一木造りで、ひじや足先、天衣(てんね)は別材をはぎつけている。頭上に十一面を植えつけ、脇手(わきて)は背面に取り付けている。像高は109.4cm。手は42手で左右第一手は合掌、第二手は前でかさねて宝鉢(ほうはち)をとる形であるが、宝鉢は失われている。脇手の持物はほとんど欠失している。面相はしっかりした趣があり、平安時代の古風が見えるが、像全体は軽快に仕上げられている。衣紋の彫りは浅く、平安時代後期、12世紀の作かと考えられている。同じ南明寺にある聖観音(しょうかんのん)ほどの量感はないが、作は同時代のものであろう。
小学生向け
説明
 これはヒノキの材木を彫ってつくられた仏像です。
 頭に十一もの面と、42本もの手があります。
 この仏像の高さは109㎝です。
 平安時代につくられたものとおもわれ、同じ南明寺にある聖観音(しょうかんのん)と同じ時代のものとおもわれます。 
画像<木造千手観音立像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
木造千手観音立像(QRコード)
映像

ページトップへ