1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうあみだにょらいざぞう
木造阿弥陀如来坐像
指定国指定
市町下関市区分重要文化財時代平安時代
一般向け
説明
 下関市豊浦町安養寺に安置されている。クス材の寄木造りで、台座・光背は後補である。像高は269.1cmで、いわゆる丈六仏(じょうろくぶつ)の大きさである。現在古色仕上げとなっている。右手は手の平を前にして屈し、左手は手の平を上にしてひざにおき、両手とも第一指と第二指の先を接して上品下生(じょうぼんげしょう)という印を結んでいる。県下の丈六仏で重要文化財となっているのは、本像と大島町西長寺の阿弥陀如来坐像だけである。土地の人からは「厚母(あつも)の大仏」または「安養寺の黒仏」などと呼ばれている。衣紋(えもん)線が浅く、頭部の螺髪(らほつ)がこまかくなっていること、ひざ高がひくいことなどから平安時代後期末、12世紀頃の作品と見られる。
小学生向け
説明
 これは、下関市豊浦町の安養寺にある仏像です。
 クスなどの木を彫ってつくられています。
 仏像の高さは269cmの大きな仏像です。
 この仏像は、土地の人から「厚母(あつも)の大仏」または「安養寺の黒仏」などと呼ばれています。
 平安時代につくられたものとおもわれます。
画像<木造阿弥陀如来坐像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
木造阿弥陀如来坐像(QRコード)
映像

ページトップへ