1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうしてんのうりゅうぞう
木造四天王立像
指定国指定
市町防府市区分重要文化財時代平安時代
一般向け
説明
 防府市国分寺の本尊薬師如来の四囲に安置されている。各像ともヒノキ材の一木造り。忿怒(ふんぬ)の形態で、甲冑に身をかため、手に武器をとり、足下に邪鬼(じゃき)を踏んでいる。平安時代中期の作であろう。像高は持国天210cm、増長天213cm、広目天206cm、多聞天203cmである。持国天・増長天の両像は、邪鬼をふくめて一木彫成である。各像とも2mを超え、堂々として充実した体躯である。刀法は精緻で鋭い。腰のひねり、手の配りなど動きに富んでいて生彩をはなち、豪快である。広目天・多聞天像は布張り漆地、持国天・増長天は胡粉地である。
 四天王の遺品は全国的にかなりあるが、そのなかでも、当寺の四天王は年代の古いものに属す。
小学生向け
説明
 防府市にある国分寺の本尊薬師如来をかこんでおかれてあります。
 どれも材はヒノキです。
 足もとに踏んでいるのは邪鬼(じゃき)とよばれるものです。
 平安時代につくられたとおもわれます。
 それぞれの像の高さは、持国天(じこくてん)が210cm、増長天(ぞうちょうてん)が213cm、広目天(こうもくてん)が206cm、多聞天(たもんてん)が203cmです。
 四天王像は全国的にたくさんありますが、そのなかでも、この四天王は古いものです。
画像<木造四天王立像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
木造四天王立像(QRコード)
映像

ページトップへ