1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称こんどうにょいりんかんのんぼさつはんかぞう
金銅如意輪観音菩薩半跏像
指定県指定
市町下松市区分有形文化財時代白鳳時代
一般向け
説明
 像高は19.5cm。小鋳銅仏である。頭上に三面飾の宝冠をいただき、垂髪を両肩に垂らしている。上半身裸体で、下方に裳をつけている。右手は曲げて指先を右頬に当てる。左手は左ひざ上に手の平を下にしておく。左足は足首を左股の下におき、左足はひざから下を垂下して坐っている。頭はややうつむきかげんにして、心もち左にかたむけている。このような菩薩の姿を半跏思惟像(はんかしいぞう)という。台座はほぼ方形で、掛け布を垂れる裳懸座(もかけざ)の形をとっている。この制作年代は7世紀後半白鳳時代と推定される。
小学生向け
説明
 この仏像は、下松市の日天寺にあります。
 仏像の高さは20cmです。
 銅でできています。
 このような菩薩の姿を、半跏思惟像(はんかしゆいぞう)といいます。
 つくられたのは、いまから1300年以上前の、7世紀とおもわれます。
画像<金銅如意輪観音菩薩半跏像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
金銅如意輪観音菩薩半跏像(QRコード)
映像

ページトップへ