1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうやくしにょらいざぞう
木造薬師如来坐像
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
 山口市広沢寺の本尊である。ヒノキ材の寄木造りで、像高144.8cm。納衣(のうえ)は左肩から懸って少し右肩をおおう。右手はまげて手の平を前にし五指を開く。左手は手の平を上にして膝の上において、薬壷を持つ。彫り方にすこし硬さが残るが、衣紋の流れは美しい。彫りはすべて浅く、肉付も薄いことから、平安時代末期12世紀の作と見てよい。広沢寺はもと山口の古熊にあったが、明治になって平川の泉香寺跡に移った。本像は泉香寺伝来のものである。
小学生向け
説明
 この仏像は、山口市にある広沢寺(こうたくじ)の本尊です。
 材はヒノキで、寄木造りの仏像です。
 仏像の高さは145cmです。
 平安時代につくられたものとおもわれます。
 この仏像は、むかしこの場所にあった泉香寺より伝えられたものです。
画像<木造薬師如来坐像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ