1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうにてんのうりゅうぞう
木造二天王立像
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
 山口市広沢寺に安置されている。増長天・持国天の二体である。共にヒノキ材の一木造りで、内ぐりはない。像高は共に135.5cm。増長天は目を大きく開き、口をあけ、唐様(からよう)のよろいをつけ、右手に持物をとる形。左手は左腰にあてている。持国天は目を大きく開き、口を閉じ、唐様のよろいをつける。右手は右腰あたりで物をにぎる形、左手は上方にあげて物を持つ形である。はじめ彩色があったと思われるが、今は全く見えない。表情はあまり誇張されず、体の動きもすくなく、おとなしいのは平安時代後期、12世紀の作と見られる。この地にあった泉香寺に伝わった薬師如来の脇侍(わきじ)であったものである。
小学生向け
説明
 これらの像は、山口市の広沢寺(こうたくじ)にあります。
 二天王とは、増長天(ぞうちょうてん)と持国天(じこくてん)のことです。
 これらはヒノキを彫ってつくられた木像彫刻で、高さは両方とも136cmです。
 つくられたときは彩色がほどこされていたとおもわれますが、いまは見えません。
 平安時代につくられたものとおもわれます。
 おなじ広沢寺に、泉香寺より伝わった薬師如来坐像があり、これらもその薬師如来の脇侍(わきじ)として泉香寺より伝わったものです。
画像<木造二天王立像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ