1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうたいらごしげつね(しゃみさいにん)ざぞう
木造平子重経(沙弥西仁)坐像
指定国指定
市町山口市区分重要文化財時代鎌倉時代
一般向け
説明
 山口市源久寺に蔵されている。カヤ材の寄木造りで、像高は87.6cm。法体となった老年の武人像である。
 平子重経は源久寺の開基である。重経は関東で源頼朝に仕え、戦功によって周防国仁保深野など六ケ庄をたまわった。それで地頭として1197年この地に下り、仁保に居館を定めた。1199年に頼朝が死去したので、重経は頼朝の位牌安置の所として源久寺を建立し、源家の武運長久の祈念道場とし、かつ平子氏の菩提寺とした。こうして重経は領内を治めること28年間に及んだが、よく武威を四隣に示して、平子氏(後の三浦氏)の基をかためた。1224年に没し、源久寺に葬られた。法名を源久寺殿西仁大禅定門という。
 この重経像は没後あまり隔たらぬ頃の制作と思われる。鎌倉時代には肖像彫刻は少くないが、法体とはいえこのような在家の人の肖像は少なく、この像はそのよい作例として全国的に注目されるものである。
 この像は1991年に、イギリスの大英博物館で開催された「鎌倉彫刻展」に出品展示されたことがある。
小学生向け
説明
 この像は、山口市仁保の源久寺(げんきゅうじ)にあります。
 カヤを材とした寄木造りの像で、高さは88cmです。 
 平子重経(たいらごしげつね)は、鎌倉時代の侍で、この源久寺を創建した人でもあります。
 重経は、地頭として関東から来て、領地である仁保に住みました。
 重経は領地をよく治め、平子氏(のちの三浦氏)の繁栄の基礎を築きました。1224年になくなり、源久寺に葬られました。
 この重経像は、重経が亡くなってからほどなく作られたものとおもわれます。
画像<木造平子重経(沙弥西仁)坐像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
木造平子重経(沙弥西仁)坐像(QRコード)
映像

ページトップへ