1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうじぞうぼさつはんかぞう
木造地蔵菩薩半跏像
指定県指定
市町下関市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
 下関市功山寺の地蔵堂に安置されている。クス材の寄木造りで、像高は137cmである。法衣を着け、右手を曲げて胸前で錫杖(しゃくじょう)を持つ。左手は曲げて前に出し、手の平の上に宝珠を置く。左足は台座から垂らし、半跏(はんか)の形である。平安時代後期12世紀の制作である。流れるような衣紋を彫り出し、面相はおだやかで、肉取りもやわらかく、肢体の均衡もよい。同時代の数少ない半跏像の一例である。指先持物に後補があるだけで、損傷が少なく、各部材のほとんどが当初のものであることは貴重である。台座は後補である。
小学生向け
説明
 下関市功山寺(こうざんじ)の地蔵堂にあります。
 クスの木を材とした寄木造りの仏像です。
 仏像の高さは137cmです。
 左足を台座から垂らしているこの姿は、半跏(はんか)とよばれる形です。
 平安時代につくられたもので、そのころの仏像としては、数少ない半跏像の一例です。
画像<木造地蔵菩薩半跏像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ