1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうしゃかにょらいざぞう
木造釈迦如来坐像
指定県指定
市町萩市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
 萩市大照院に安置されている。ヒノキ材の寄木造りで、像高233cmのいわゆる丈六仏である。衲衣をまとい、右手のひじをまげて手の平を前にし、第三指をかるくまげる。左手は手の平を上にし、第三指をかるくまげて、膝の上においている。伏目のおもざし、まるみのある頬の肉どり、納衣の浅い衣紋など平安時代末期の特徴をみせている。胎内に康永3年(1344)と明暦2年(1656)に修理をしたという墨書銘がある。本像はもと萩の歓喜寺の本尊であった。
小学生向け
説明
 この仏像は、萩市の大照院(だいしょういん)にあります。
 ヒノキ材の寄木造りで、像高は223cmです。
 平安時代の1100年代につくられたものとおもわれ、当時の彫り方の特徴をみせています。像のなかに、1344年と1656年に修理をしたという墨で書かれた銘文があります。
 この仏像は、むかしは歓喜寺の本尊でした。大照院はその歓喜寺の地につくられましたので、この仏像は大照院にうつされました。
画像<木造釈迦如来坐像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ