1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうふどうみょうおうりゅうぞう
木造不動明王立像
指定県指定
市町岩国市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
 岩国市周東町極楽寺に安置されている。ヒノキ材の寄木造りで、像高は91cm。頭部は巻髪で弁髪(べんぱつ)を左肩に垂らす。眼は右眼を大きく開き、左眼を半眼とする天地眼(てんちがん)、牙を上下に出している。右手に宝剣をもち、左手に羂索(けんさく)をとる。火焔光を背にして岩座の上に立つ。彩色はよく残っている。不動としては姿体がおとなしく、裳の衣紋は浅く流れるようである。典型的な藤原様式になる平安時代末期の不動明王として、県下の秀作のひとつといえる。
小学生向け
説明
 この仏像は、岩国市周東町の極楽寺にあります。
 ヒノキを材に各部分を彫り、組み合わせてつくられたものです。
 この仏像の高さは91cmです。
 彩色がよく残っています。
 平安時代につくられたものとおもわれます。
 さいきん、両手・両足の欠けていたところをなおし、彩色も修理され、きれいになりました。
画像<木造不動明王立像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ