1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうやくしにょらいりゅうぞう
木造薬師如来立像
指定県指定
市町岩国市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
 ヒノキ材の寄木造りで、像高は158.5cmある。法衣をつけ、右手はまげて手の平を前に出し、五指を開き、左手はまげて手の平を上にむけ、ここに薬壷をのせる通形の薬師像であったと思われるが、現在は両手先が欠失している。両足先も後補である。面相もしっかりし、体躯全体の肉取りもよい。ただし衣紋は浅く形式的になっているので、制作は平安時代後期12世紀であると思われる。建立寺が以前安養院といった頃の本尊で、後に建立寺となった時、阿弥陀如来を本尊とし、この薬師如来は別に堂を建てて安置した。
小学生向け
説明
 この仏像は、岩国市本郷町の建立寺にあります。
 ヒノキの木を材にしてつくられた仏像です。
 この仏像の高さは159cmです。
 平安時代につくられたとおもわれます。
 建立寺がむかし安養院といっていたころの本尊です。
画像<木造薬師如来立像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ