1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうじぞうぼさつざぞう
木造地蔵菩薩坐像
指定県指定
市町平生町区分有形文化財時代鎌倉時代
一般向け
説明
 平生町神護寺に安置されている。ヒノキ材の一木彫寄木造りで、両手、ひざ前などをはぎついでいる。像高は70cm。円頂で納衣(のうえ)と袈裟(けさ)を着し、左手は宝珠をささげる形、右手は第一、第三指をつけ、第二指をのばしている。舟型光背(ふながたこうはい)を背にして蓮台の上にすわる。肉身には金箔をおき、着衣には彩色を施しているが、はげ落ちている。両手首のはぎつけ部が脱落しており、右手の第四指、左手の第三、第四指などが欠失している。台座、光背ともに彩色の形跡をとどめているが、これは当初のものである。鎌倉時代13世紀はじめ頃の制作と推定される。
小学生向け
説明
 この仏像は、平生町の神護寺にあります。
 ヒノキ材の一木造りで、両手、ひざ前などをはぎついでいます。
 像の高さは70cm。
 からだにには金箔(きんぱく)をおき、着ている衣には色をぬっていましたが、今ははげ落ちています。
 鎌倉時代の1200年代はじめごろにつくられたとおもわれます。
画像<木造地蔵菩薩坐像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
木造地蔵菩薩坐像(QRコード)
映像

ページトップへ