1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうしょうかんのんぼさつりゅうぞう
木造聖観音菩薩立像
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代平安時代
一般向け
説明
 山口市徳地月輪寺の薬師堂に安置されている。ヒノキ材の一木彫寄木造りで、前後に二材を合わせ、両手、両足などをそれぞれはぎ付けている。像高は167.5cm。右手は下にさげて手の平を前にし五指を開く。左手はひじから先を欠失している。面相は豊かで、両肩の張りはよいが、下半身の肉取りや、衣紋の彫りがやや弱く、平安時代後期12世紀の制作と見られる。全身に金箔がほどこされていたが、今は全く見えない。右手首から先、両足先は後補である。
小学生向け
説明
 山口市徳地月輪寺の薬師堂にあります。
 ヒノキ材の一木造りで、前後に二材を合わせ、両手、両足などをそれぞれはぎ付けています。
 像の高さは168cmです。
 平安時代後期の1100年代につくられたとおもわれます。
 全身に金箔(きんぱく)がなされていましたが、今は全く見えません。
画像<木造聖観音菩薩立像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ