1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうじゅういちめんかんのんぼさつざぞう
木造十一面観音菩薩坐像
指定県指定
市町宇部市区分有形文化財時代南北朝時代
一般向け
説明
 宇部市円通寺の本尊である。クス材の一木造りで像高は57.5cm。頭上に化仏10面をいただき、両手で蓮華をささげてすわる型で、その容姿は美しい。頭部、体部は前後二材をはりつけ、内ぐりをしている。体内にくわしい墨書銘があり、これにより康永4年(1345)に仏師平林時象観阿が造立したことがわかる。古く円通寺はこの地方の領主内藤氏の祈願所であり、この観音菩薩はその本尊であったという。しかし同寺は明治初年廃寺となり、本像は小庵に移されていたが、近年小庵の寺号を円通寺に復した。
小学生向け
説明
 宇部市の円通寺の本尊です。
 クスを材とした一木造りで、仏像の高さは58cmです。
 頭上に化仏10面をいただいています。
 像のなかに墨で書かかれたた文字があり、これによって、1345年に仏師平林時象観阿がつくったことがわかります。
 むかし円通寺はこの地方の領主内藤氏の祈願所であり、この観音菩薩はその本尊であったといいます。
 この仏像は、つくられた年、つくった人がともに明らかである点で貴重です。
画像<木造十一面観音菩薩坐像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ