1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうもんじゅぼさつきしぞう
木造文殊菩薩騎獅像
指定県指定
市町萩市区分有形文化財時代南北朝時代
一般向け
説明
 萩市仏光寺の文殊堂に安置される。ヒノキ材の寄木造りで、像高は94cm。下方の獅子座などすべてを加えた高さは198.5cmある。右手に宝剣、左手に経巻をにぎり、獅子正平12年(1357)及び貞治4年(1365)の墨表銘がある。座の上に坐す姿である。宝髪は群青、眉は墨、くちびるに朱の彩色がある。光背と蓮華庵は当初のものと考えられる。近年解体修理され、仕上げはすべて古色仕上げとなった。 
小学生向け
説明
 萩市にある仏光寺の文殊堂の本尊です。
 右手に宝剣、左手に経巻をにぎり、獅子座の上にすわっている姿です。
 ヒノキ材の寄木造りで、仏像の高さは94cmです。
 下の獅子座などすべてをあわせた高さは199cmです。
 南北朝地代につくられました。
画像<木造文殊菩薩騎獅像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
木造文殊菩薩騎獅像(QRコード)
映像

ページトップへ