1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称もくぞうおおうちもりはるざぞう
木造大内盛見坐像
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代室町時代
一般向け
説明
 山口市洞春寺に蔵されている。ヒノキ材の寄木造りで、総高は78cm。円頂(えんちょう)で玉眼、法衣を着し袈裟(けさ)をかける。両手はひざ上で重ね、各第一指の先をつけ、禅定印をむすんでいる。彩色はよく残るがすべて後補である。大内盛見は義弘の弟で義弘の死後当主となり、防長豊筑の守護となった。大陸ともさかんに交易して、大内文化興隆の素地をつくった。1431年、筑前で戦死をしたので、山口の国清寺を菩提寺として葬った。盛見の画像は山口常栄寺に蔵されているものがあるが、この木像と同じ姿態である。国清寺は江戸時代には常栄寺となり、明治になって洞春寺となった。当寺に盛見像がつたわるゆえんである。
小学生向け
説明
 山口市の洞春寺(とうしゅんじ)にあります。ヒノキを材とした寄木造りで、像の高さは78cmです。室町時代につくられました。
 大内盛見は義弘の弟で義弘の死後26代の当主となり、周防国・長門国・豊前国・筑前国の守護となりました。大陸ともさかんに貿易して、大内文化興隆の素地をつくりました。1431年、筑前で戦死をしたので、山口の国清寺を菩提寺として葬りました。
 盛見の画像は山口常栄寺にありますが、この木像と同じ姿態です。
 国清寺は江戸時代には常栄寺となり、明治になって洞春寺となりました。当寺に盛見像がつたわる所以です。
画像<木造大内盛見坐像>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
木造大内盛見坐像(QRコード)
映像

ページトップへ