1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称こんどうほうとう
金銅宝塔
指定国指定
市町防府市区分重要文化財時代平安時代
一般向け
説明
 総高40.3㎝、基壇・塔身・屋蓋・相輪の各部で組み立てられている。塔身と相輪は鋳製であるが、屋蓋は木製の銅板葺、基壇は木心入りの銅板張りとなっている。瓶の形をした塔身の正面扉内側には、右に不動明王立像、左に毘沙門天立像が線で刻まれ、塔身の内部には球形の緑瑠璃の珠玉が安置されているが、どちらも後から補われたものである。
 塔身の後面に彫り込まれた銘によれば、周防国目代の藤原季助が願主となり、1172年(承安 2)、後白河法皇の長寿と後生、子孫の繁昌、国の繁栄などを祈請するために、松崎天神(防府天満宮)の神前に安置されたことがわかる。
小学生向け
説明
 全体の高さが約40㎝の宝塔(仏をおさめる塔)です。
 平安時代の終わりごろの1172年に、周防国で目代(もくだい)という役人であった藤原季助の願いによって造られました。
 後白河法皇の長寿と死後の安楽、子孫や国の繁栄などを祈るために、松崎天神(防府天満宮)の神前に置かれました。
画像<金銅宝塔>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
金銅宝塔(QRコード)
映像

ページトップへ