1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称いろいろおどしはらまき
色々威腹巻
指定国指定
市町防府市区分重要文化財時代室町時代
一般向け
説明
 毛利元就所用と伝えられる腹巻。
 胴の高さ28.5㎝、胴廻り73.5㎝、草摺(胴の下にさがっていて、足の太股を守る部分)の長さ30.5㎝で、黒漆を盛り上げて塗った本小札をきつく締めて塗り固めたものを、紅・白・紫の色々な糸で威し(上下につなぎ合わせ)たもので大変華麗である。腹巻は兜や大袖を着けない軽武装として使われたものであるが、この腹巻には鉢の高さ12.3㎝の黒漆塗阿古陀形二十八間総覆輪筋兜(くろうるしあこだなりにじゅうはちけんそうふくりんすじかぶと)と高さ42.0㎝で幅34.8㎝の大袖が付いている。
 全体の姿形がよく整い、仕立ての手法も極めて丁寧な室町時代末期の典型的な腹巻といえる。
小学生向け
説明
 毛利元就が使っていたと伝えられる腹巻です。
 腹巻は、本来衣服の下に着けるもので、兜や大袖(肩からひじまでを守るもの)を着けない軽い武装として身を守るために使われたものですが、この腹巻には兜と大袖が付いています。
 室町時代終わりごろに作られたものといわれています。
画像<色々威腹巻>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ