1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称てつさびじさんじゅうろっけんほしかぶとばち
鉄錆地三十六間星兜鉢
指定県指定
市町岩国市区分有形文化財時代南北朝時代
一般向け
説明
 表面が酸化して錆びている鉄の板を、頭を大きくした鋲(星のように見える)ではぎ合わせて作った兜鉢。全体の形は、前後左右の径がほぼ等しい大円山形(だいえんざんなり)で、高さ10.8㎝、鉢の径は前後が22.6㎝、左右が20.0㎝となっている。星は、1行に16点と腰巻に1点ずつ打たれ、42枚が張られ、前正面ではぎ合わされている。頭頂部の八幡座や眉庇(まびさし)、篠垂(しのだれ=正面や前後左右の細い筋金)、革毎(鉢の左右から後方に垂れて、首を覆うもの)などは失われているが、南北朝時代の特色をよく表している。
小学生向け
説明
 戦いの時に頭を守る「かぶりもの(兜)」の頭を入れる部分です。表面が酸化してさびている鉄の板を、頭を大きくしたために星のように見える鋲(びょう)で、はぎ合わせて作られたものです。南北朝時代につくられたものと考えられています。
画像<鉄錆地三十六間星兜鉢>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ