1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称てつくろうるしにじゅうにけんそうふくりんすじかぶと もえぎいとすがけおどししころ
鉄黒漆二十二間総覆輪筋兜 萌葱糸素懸威しころ
指定県指定
市町岩国市区分有形文化財時代室町時代
一般向け
説明
 鉢の高さ14.6㎝、径は前後が24.0㎝、左右が20.0㎝で、楕円形をした「阿古陀形(あこだなり)」という形式の兜。22枚の台形の鉄板に黒漆を塗り、はぎ合わせの部分を金属で覆って筋状にし、頭頂部の八幡座は5重で、篠垂(しのだれ)という細い金メッキの筋金が前に3条と後ろに2条据えられ、腰には神社等に見られるような斎垣(いがき)がめぐらされている。眉庇(まびさし)はやや前に出る伏せ眉庇で、その上に三鍬形台があり鍬形が立っている。しころ(鉢の左右から後方に垂れて首を覆うもの)は萌黄色の糸を使い、糸目を粗くして所々2筋ずつ並べて綴る素懸威となっている。室町時代に盛んに行われた特色の著しい作りで、室町時代中期以降に作られたものと思われる。
小学生向け
説明
 楕円形をした「阿古陀形(あこだなり)」という形式の兜です。
 いくつもの鉄板のはぎあわせの部分を、金属でおおって筋の形にしています。
 室町時代に盛んであった特色がよく見られ、室町時代の中ごろよりあとに作られたものとおもわれます。
画像<鉄黒漆二十二間総覆輪筋兜 萌葱糸素懸威しころ>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ