1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称てつさびじじゅうにけんそうふくりんすじかぶとばち
鉄錆地十二間総覆輪筋兜鉢
指定県指定
市町岩国市区分有形文化財時代室町時代
一般向け
説明
 高さ13.2㎝、径は、前後が22.9㎝で、左右が19.6㎝で、12枚の台形の鉄板に錆漆を塗り、はぎ合わせの部分を金属で覆って筋状にした阿古陀形(あこだなり)という形式をした楕円形の兜鉢。頭頂部の八幡座は、金メッキの魚子地(ななこじ=粟粒を並べたように細かい粒を突起させたもの)に、唐草彫りの円座に裏菊の透かし彫りなどをした4重になっていて、中央の穴が極めて小さい。篠垂という細い筋金が、前に3条と後ろに2条据えられ、腰には神社等に見られる斎垣(いがき)がめぐらされている。眉庇(まびさし)はやや前に出る伏せ眉庇である。室町時代末期の特色が著しく表れている。
小学生向け
説明
 錆漆をぬった鉄板のはぎ合わせ部分を、金属でおおって筋状にしており、楕円形の形をした阿古陀(あこだ)形という形式の兜鉢です。この兜鉢には、やや前に出る日よけの小さなひさしが付いており、室町時代終わりごろの特色がよく表れています。
画像<鉄錆地十二間総覆輪筋兜鉢>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ