1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称うさはちまんぐうのすぎきょじゅぐん
宇佐八幡宮のスギ巨樹群
指定県指定
市町岩国市区分記念物時代
一般向け
説明
 宇佐八幡宮は岩国市錦町宇佐にある。この森(社叢)には、スギの大樹が多く、一部ヒノキを交える。目の高さの幹周り2m以上のスギ20本と、それには及ばないが伸び盛りの木を多数交え、社叢内は昼なお暗い。
 社殿に向かって左前方の通称大杉と呼ばれるスギは、目の高さの幹周り7.5m、高さ58mにも及び、県下有数のスギの巨木である。また、社殿への階段近くにはヒノキの大樹があり、目の高さの幹周り3.85mで、ヒノキとしては油谷町の「八幡人丸神社御旅所のヒノキ巨樹」(県指定)に次ぐもので、高さではこれよりも高い。
 社域の側方や後方には、ウラジロガシ、シラカシ、ユズリハ等の大樹もある。
 1312年(正和1)に八幡宮が現在地に建てられた当時から、スギの巨木があり、その後も、社叢は神域として大切に保護され、現在に至っている。
小学生向け
説明
 宇佐八幡宮は岩国市錦(にしき)町にあります。この森には、多くのスギやヒノキの大木があります。神社に向かって左前方の大杉と呼ばれるスギは、高さ58mにもおよび、県内有数のスギの巨木です。また、社殿への階段近くにはヒノキの大樹があります。神社のまわりにはウラジロガシ、シラカシ、ユズリハなどの大樹もあります。鎌倉時代に八幡宮が現在地に建てられた当時から、スギの巨木があり、その後も大切に保護され、今のようになっています。
画像<宇佐八幡宮のスギ巨樹群>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ