1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きべはちまんぐうのすぎ
吉部八幡宮のスギ
指定県指定
市町萩市区分記念物時代
一般向け
説明
 吉部八幡宮は萩市吉部上にあり、境内には、参道を登ると、中段の参道石畳の両脇に各一本、上段の社殿南側に一本、計三本のスギの巨木がある。樹齢は約500年と推定され、近郷には見られない巨木である。
 中段の社殿に向かって参道左側のスギは、目の高さの幹周り6.90m、高さ約33m。右側のものは目の高さの幹周り6.60m、高さ約34m。上段のものは目の高さの幹周り6.30m、高さ約34m。三本とも樹勢は盛んであるが、中段参道右側のものは、こずえの部分が少し枯れている。
 山口市の「平川の大杉」や周南市の「大玉スギ」(どちらも国指定)には及ばないが、一つの社地にこのような大樹が三本揃っていることは珍しい。
 吉部八幡宮は、鎌倉時代(12世紀末)に現在の亀尾山の地に移されたと伝えられている。
小学生向け
説明
 吉部八幡宮は萩市にあります。神社の参道を登ると、中段の参道石だたみの両がわに各1本、上段の社殿(しゃでん)南がわに1本、計3本のスギの巨木があります。樹齢(じゅれい=木の年令)は約500年とおもわれ、この近くでは見られない巨木です。3本とも木は生き生きとしていますが、中段参道右側のものは、こずえの部分が少しかれています。山口市の「平川の大杉」や周南市の「大玉スギ」(どちらも国指定)にはおよびませんが、このような大樹が3本そろっていることはめずらしいことです。
画像<吉部八幡宮のスギ>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ