1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称じんぐうこうごうじんじゃのいちいがし
神功皇后神社のイチイガシ
指定県指定
市町美祢市区分記念物時代
一般向け
説明
  イチイガシはブナ科の常緑高木。神功皇后神社は、美祢市西厚保町、美祢西インター近くにある。このイチイガシは樹齢約500年と推定され、根元の周囲 8.2m、目の高さの幹周り6.55m、高さ約20m。幹は地面から6.5mまでが空洞化しているが、樹勢は旺盛で枝も四方に伸びる。その目の高さの幹周りは、美祢市秋芳町「共和のカシの森」(国指定)のイチイガシにほぼ近い。イチイガシは関東南部以西、四国、九州、台湾、中国などの暖地の山地に自生する常緑高木で、関西以西では公園や神社に植えられることが多い。
 なお、神社の森(社叢)は典型的な照葉樹林で、主な木の樹齢は、300~500年と推定されている。イチイガシとコジイで多く占められ、シロバイも多く、シイモチ、シリブカガシ、クロガネモチの大樹がよく保存されていて、美祢市の天然記念物に指定されている。
 神社は1425年(応永2)に長府の忌宮神社から祭神を迎え建てられたといわれている。
小学生向け
説明
  イチイガシは常緑高木(一年をとおして緑の葉をつけている背の高い木)です。神宮皇功神社は、美祢(みね)市の美祢西インター近くにあります。このイチイガシは根元の周囲 8.2m、高さ約20mで、樹齢(じゅれい=木の年令)約500年とおもわれます。幹は地面から6.5mまで空どうができていますが、木は生き生きとしており、枝が四方にのびています。目の高さの幹周りは、美祢市秋芳町「共和のカシの森」(国指定)のイチイガシとほぼ同じ大きさです。なお、神社の森は、樹齢300~500年の大樹がよく保存されていて、美祢市の天然記念物に指定されています。
画像<神功皇后神社のイチイガシ>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ