1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称きっこうこうえんのえんじゅ
吉香公園のエンジュ
指定県指定
市町岩国市区分記念物時代
一般向け
説明
 エンジュはマメ科の落葉高木。吉香公園は岩国市横山にあり、江戸時代の270年間、吉川氏の館があり、岩国藩の役所が置かれた所である。1885年(明治18)吉川家の先祖をまつる吉香神社が移されたとき、その境内及び付属地として整備されたのが起こりである。
 このエンジュの巨木は、吉香神社の本殿右横にあり、高さ約25m、地上2.5mの周囲は 3.3mある。幹は地上約3mのところでニ支幹となり、それぞれ2.2mと2mある。樹皮は濃い灰色で、多くの縦のさけ目がある。幹に損傷もなく樹幹もよく整っており、樹勢も旺盛である。
 エンジュは、中国北部原産で、古く日本に伝来し、現在北海道、本州、四国、九州と日本各地に分布する。夏季に黄白色の豆花を開花させる。寒さに強いため北半球の各地の公園や街路に植えられているが、このような大樹は珍しい。
小学生向け
説明
 エンジュはマメ科の落葉高木(冬葉を落とす背の高い木)です。吉香公園は岩国市にあり、江戸時代、岩国藩(はん)の役所がおかれた所です。このエンジュは吉香神社のそばにあり、高さが約25mあります。幹はとちゅうで二つに分かれています。樹皮(じゅひ)は灰色で、縦のさけ目が多くあります。エンジュは中国原産で、夏に黄白色の花をつけます。寒さに強いため北半球の各地の公園や街路に植えられていますが、このような大木はめずらしいといわれています
画像<吉香公園のエンジュ>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ