1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称けんぽんちゃくしょくにおうきょうまんだらず 
絹本著色仁王経曼荼羅図
指定国指定
市町山口市区分重要文化財時代鎌倉時代
一般向け
説明
 豊田町神上寺の所有で、現在は山口県立山口博物館に寄託されている。
 掛幅装で表装は紺地雲龍紋金襴である。寸法は縦148.0cm、横118.3cm。
 仁王経曼荼羅は、仁王経法の本尊として縣用され、810年(弘仁1)に高雄山寺で修されて以来、息災、増益のために盛んに行われた。不動明王を中心に、第二院には不動明王を除く四大明王(降三世・軍茶利・大威徳・金剛夜叉)。外院に四摂、四内供養の諸菩薩および諸菩薩および四天王等八天をめぐらす。不動明王は瑟々座に坐し、左手に八幅輪宝をとるのを異色とする。描写は的確であり、彩色も豊かである。制作は鎌倉時代、13世紀後半頃であろう。
 神上寺は古刹で、もと崋山山頂にあって、多くの坊を抱えていたが、1322年(元亨2)現在地に移って、豊上山神上寺と称するようになったという。平安時代以来勅願所として尊崇を集めたと伝える。
小学生向け
説明
 曼荼羅図(まんだらず)とは、たくさんの仏を一定の方式にもとづいて並べて描いたものです。仁王経曼荼羅は、810年(弘仁1)に空海が国家平安のために修して以来、息災、増益のために盛んにつかわれました。
 本図は豊田町の神上寺に伝えられたものです。つくられたのは鎌倉時代後半と考えられています。画の寸法は、たて148cm、横118cmです。
画像<絹本著色仁王経曼荼羅図>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
絹本著色仁王経曼荼羅図(QRコード)
映像

ページトップへ