1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財年表>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称てかがみ
手鑑
指定県指定
市町山口市区分有形文化財時代鎌倉時代
一般向け
説明
 手鑑に多く見られる短冊は1通もなく、いわゆる「古筆切」と呼ばれる裁断は3点を数えるのみで、他はいずれも首尾が整った古文書である。
 本書の構成は、古くは伝光明皇后写経、新しいものは江戸時代初期の文書で、53名、64葉が収録され、筆跡は、天皇、親王、公家、僧侶、武家などである。
 特に、中世の厚東氏、大内氏、毛利氏と関係のあった足利一族、大友宗麟、豊臣秀吉、徳川日秀忠などの武家文書が多数収められ、県下の古文書研究に一定の基準を提供するものとして貴重である。
小学生向け
説明
 手鑑は、古い時代の有名人の色紙や文書などを、観賞用にはったものです。
 本件では、手鑑に多く見られる短く切ったものは3点のみで、ほかはいずれも始めから終りまでそろった古文書です。
 この書は、天皇、、公家(くげ)、僧侶、武家など53名の書があります。特に、大内氏、毛利氏と関係のあった足利一族、大友宗麟(おおともそうりん)、豊臣秀吉、徳川秀忠などの武家文書が多数おさめられています。
画像<手鑑>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ