1. ホーム>
  2. 学習サポート>
  3. 文化財通史-文化財編>
  4. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称すおうこくぶんじもんじょ
周防国分寺文書
指定県指定
市町防府市区分有形文化財時代
一般向け
説明
  周防国分寺は、741年(天平13)聖武天皇の詔により国ごとに建てられた国分寺の一つ。平安時代以降は消長興廃を繰り返したが、鎌倉時代に周防国が造東大寺料国(総国分寺である東大寺造営の経費の支出をまかなう国)となったのを契機に再興され、その後は大内氏、毛利氏の庇護によって維持された。
 「周防国分寺文書」191点は、鎌倉時代の再興以後、江戸時代初期までのもので、寺の由緒を伝える文献資料として、1978年(昭和53)指定された。
 後に実施された総合調査の結果、さらに、鎌倉時代末期から明治までの歴史を辿る古文書941点が、1990年(平成2)に追加指定されている。
小学生向け
説明
周防国分寺は、奈良時代の741年に、国ごとに建てられた国分寺の一つで、防府市にあります。「周防国分寺文書」は、鎌倉時代から明治時代までに書かれた、国分寺の由緒などを伝える1133点の文書です。
画像<周防国分寺文書>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)
地図
QR
周防国分寺文書(QRコード)
映像

ページトップへ