1. ホーム>
  2. 指定文化財の検索(一覧から選ぶ)>
  3. 文化財の概要

文化財の概要コンテンツ

文化財名称ふなやまはちまんぐうのちしゃのき
舟山八幡宮のチシャノキ
指定県指定
市町山口市区分記念物時代
一般向け
説明
 舟山八幡宮は山口市仁保にある。その参道の右脇に生えているチシャノキは、根周り11.5m、目の高さの幹周り2.9m、高さは目測で16mあり、この種類でこれほど成長したものは極めて珍しい。 
 チシャノキは、山口県で広く見られるが、野生のものは大きくても直径10cm程度が普通である。国指定には、最大直径60cmから1mのものがなっている。 
 小さな花が4月頃につき、直径5mm位の果実がなる。葉はカキの葉に似ている。
小学生向け
説明
 舟山八幡宮は山口市にあります。その参道のそばにある巨大なチシャノキは、高さが16m位あります。山口県内で見られるチシャノキは普通直径10cm位で、これほど大きいものは非常に珍しいです。
 小さな花が4月ごろに咲き、直径5mmほどの実がなります。葉はカキの葉に似ています。
画像<舟山八幡宮のチシャノキ>縮小画像(オリジナル画像表示リンク)

ページトップへ